banner

脱毛サロンとクリニックでの脱毛の違い

脱毛サロンと医療機関であるクリニックでの脱毛の違いはご存知でしょうか?

脱毛の目的によってはクリニックでないと目的が達成できないことがあります。現在の主流の脱毛方法は、クリニックであればレーザー脱毛、脱毛サロンであれば光脱毛となっています。ただし、この言葉の使い分けは曖昧で脱毛サロンでもレーザー脱毛と言う場合があります。

では、根本的な違いは何かと言うと、厚生労働省によって、「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」は医療行為と定義しています。つまり、毛根を破壊するほどの強力なレーザー光でなければ脱毛サロンでも利用できることになります。

「毛根部分にレーザーを照射し毛乳頭、皮脂腺開口部等の破壊」とは、永久脱毛を意味します。従って永久脱毛をしたければ、クリニックでしかできないと言うことになります。完全に永久的な脱毛をしたいのであれば、費用は多くかかりますが、最初からクリニックで脱毛することが、無駄が省けて良いことになります。また、当然のことながら、それだけの強い出力のレーザーを照射するので痛みが生じます。

目的や脱毛部位によっては、脱毛サロンの無料体験や格安キャンペーンを利用することで十分な場合もあります。上手に使い分けることが必要です。

注目記事

banner
脱毛サロン選び方概要とポイントの解説(前半)

記事を見る

banner
脱毛サロンの選び方ポイントの解説(後半)

記事を見る

banner
始めての脱毛サロン最初の利用時に知っておいた方が良い知識

記事を見る

Copyright(c) 脱毛サロンの失敗しない選び方. All Rights Reserved.